問合せ
ホーム 初めてのお客様 価格表 お客様の声 よくある質問 ブログ お問い合わせ

元玉(根っこに近い切り株)や丸太の販売(切り株の価格表はこちら

このページでは、さらに詳しく丸太やなかなか入手できない元玉(原木の根に近い八の字状の切り株)について、詳しく解説いたします。とくに、元玉はどれ一つ同じ形状のものがないだけに、自然の作りあげた魅力があります。

丸太の販売

杉の元玉(切り株) 右の切り株は原木の水平カットから丸太を補修して、仕上げた状態ですが、ここから、仕上げに至るまでの作業工程をご紹介していきます。
杉切り株の原木 切り株の原木はこのような状態でストックしていますので、ご注文をいただいてから、直径や高さに合わせて原木を選んで水平カットして、補修をして仕上げていきます。

切り株のご注文 / お問合せ

切り株の正確な水平カット

杉の原木 丸太の切り口は、伐採現場でチェンソーで粗く伐っている状態です。切り口も平面でありません。これから、この2個の切り株が正確に水平」カットされていく工程をご紹介いたします。
切り株の固定 普通、板に製材する場合と違い、丸太を画像のように90度回転して置くため、安定性が悪く、ここで一番大事なのがカットするときにぐらつかないよう、補助の角材を利用して固定します。
切り株の固定 固定された状態
切り株のカット カットする場合は、安定性が無いため、かなり神経を使います。片面をカットする場合も、粗くカットして、さらに慎重にカットします。
カットされて切り株 根っこに近い方が、きれいにカットできました
切り株のカット きれいに片面をカットしたら、もう一方の面をカットするため固定します。
切り株のカット カットされた根っこの方は、鉄製の垂直板に隙間がないように固定されていますので、チョークで書いた40cmの高さにカットします。
カットされた切り株 もう片面のカット。カット面は、チェンソーでのカットと違い、板の製材用の刃を使うため、きれいに仕上がります。
水平カットされた切り株

これで、2個の水平カットができました。2個とも40cmの高さに正確にカットできました。

この後は、皮を剥いで、傷や虫の穴など補修して仕上げていきます。

切り株のご注文 / お問合せ

▲PAGE TOP

切り株の補修

切り株の乾燥 水圧で皮を剥いだ後は、表面を十分に乾燥させます。完全に乾燥するには天気の良い日で3日間くらいかかります。
杉の丸太の修復

左が皮を剥いだ原木の状態です。水圧により、表面を傷付けることが多いので、補修が必要になってきます。

右切り株のように、一番上の皮を剥いでしまうこともあります。

切り株の研磨 画像のように。ディスクグラインダで磨いていきます。凹凸があるので、結構手間もかかる作業です。
切り株の穴埋め 原木は時期によって、キクイムシが入ることがあります。皮を剥ぐとあちらこちらにキクイムシの空けた小さな穴ができるので、木屑を穴につめて、瞬間強力接着剤で穴をふさぎます。
切り株の塗装 下地ができたら本来のもっとも木の色に近い植物性の自然塗料で切り株本来の自然に近い色で補修していきます。
切り株の面取り

そして角を面取りして、仕上げていきます。

切り株のご注文 / お問合せ

▲PAGE TOP

上下カット面の仕上げ

切り株のカット面 製材でのカット面は、上下とも少し毛羽立っています。切り口を面取りすると同時に、円形部分をグラインダで研磨して仕上げます。
カット面の仕上げ これが仕上げた状態です。製材でカットしたカット面とは大分、イメージは変わりました。

切り株の割れや傷の補修

切り株の割れ 割れの修復 補修前(左画像)と補修後(右画像)ですが、割れもきれいに補修可能です。
切り株の割れ 割れの修復

上画像の割れ部分を横から見た画像ですが、表面の自然な凹凸感はなるべく残しながら修復していきます。

下地ができたら本来のもっとも木の色に近い植物性の自然塗料で切り株本来の自然に近い色で補修していきます。

切り株のご注文 / お問合せ

▲PAGE TOP

◆初めての方に

◆木に関するブログ

◆ウェディングアイテム

◆レーザー印字・彫刻