自然な木を生かした木工品の作り方から、原木、素材、木の性質など、木に関するミニ知識を紹介いたします。

丸太のスピーカー台

hinoki-motodama%20002.jpg
普通の桧の丸太でもよいですが、やはり根っこに近い八の字状の元玉(切り株)は、さらに自然の魅力があります。また、下の切り口が広いので安定感もあります。木の根っこの延長上の自然な凹凸が最高です。

桧のスピーカー台
製材で正確に水平にカットした桧のスピーカー台の画像です。二つの桧の丸太は。正確に高さも合わせました。自然な丸太スピーカーを載せるだけで、部屋が違った雰囲気になります。また桧は、香りがよく、気持ちまでゆったりした空間になりそうです。それが、自然な木の良さだとおもいます。

speaker-stand01.jpg
あるプロの音響関係の方から聞きましたが、木の中でも、のように硬い丸太は、スピーカーの音がよいそうです。そこで桧の丸太を製材で水平カットして、スピーカーの台を製作しました。ここで、気をつけることは、スピーカーの台は普通2ついるので、やはり同じ高さに正確にカットすることです。また、切り口の面も、きれいなカットにする必要があります。一度、チェンソーでカットしてみましたが、正確なカットはできませんでした。やはり角材を挽く製材機でないと、難しいようです。

tvrackset.jpg
実際にTVを置いてみた画像です。ポール型のスピーカーのため、直径13cmの穴を開けました。それから上段の脚は桧の丸太を使用しました。これも位置が自由に変えられるよう固定はしていません。
さて次は自然木を何に利用しようかな・・・