自然な木を生かした木工品の作り方から、原木、素材、木の性質など、木に関するミニ知識を紹介いたします。

輪切り

一つの丸太を数枚の輪切りにした什器

一つの丸太(根っこに近い切り株)を同じ厚みで数枚にカットした杉の輪切りです。同じ形状の連続のため、枚数を変えたりして、高さを自由にアレンジできるディスプレイ用の什器です

この丸太のサイズは、上直径25cmで下直径は30cm前後です。輪切りの厚みや大きさは、用途の合わせて、カットできます。

輪切りについて詳しく紹介したページはこちら

皮つき桧の輪切りの什器

皮つきの桧で、小物用の什器を製作しました。手前の左右の輪切りのサイズは、直径6cm高さ5cmくらいです。ジュエリー用にとオーダー頂きました。

枝つきの桧は、スライス(楕円形)したものに固定しています。すべて、間伐した場所から運んできました。木っていうのは、使いようによっては、マグロみたいに全て利用できちゃうんです。

桧の輪切りカットにプリントしてもらいました。

直径8cmの輪切りを友人にプレゼントしたら、お返しにプリントしてくれました。こんな名刺を作ってもいいかもしれませんね。桧は表面が硬いので、杉とっ違って、文字を墨で書いてもにじまないので、きれいな仕上がりになります。

輪切りは、サイズがいろいろあるので、輪切りのページで確認してみてください。また、桧の楕円形(スライス)もありますので、ネームプレートなどによく利用されています。

自然木を活かしたディスプレイ用什器
ちょっと前から、お菓子の製造直売のシャトレーゼさんから、チェーン店に、お菓子のディスプレイ用の
什器として、ご利用いただいています。バウムクーヘンが年輪のようなためか、自然な輪切りや素材がマッチングするのかも、しれませんね。シャトレーゼさんにお立ち寄りのときは、お菓子が目的でしょうが、ついでにこの什器も、ついでに見てみてください。よろしく、お願いいたしま?す。

 

桧の台に盛り付けた田舎寿司

桧のスライスに田舎寿司を盛り付けました。こんにゃくと筍すしです。土佐では皿鉢(さわち)料理には欠かせない寿司です。素朴でおいしいですよ。地元の末広ショッピングセンターで通販してます。

主役は田舎寿司ですが、私が作ったわけではありません。私が作ったのは、すしの下の桧の輪切り(スライス)です。知り合いに田舎寿司を桧のスライスにのせたらとアドバイスしたら、かなりマッチングしている感じです。

やはり自然な素材はいいですね。そんな素材をいっぱい紹介いています。